9月3日にちらっと書いた、かな〜り悩んだお菓子箱のフェルト継ぎ目隠し用のリボン。
やっぱりアリスっぽいのがいいよねと、清水の舞台から飛び降りたつもりで購入しました。
(リボンの価格はまぁ普通なんだけど送料が同じ位かかっちゃうの)

届いたリボンは思ったより幅が広く、黒が強くて、うーん、ちょっとイメージと違ったかなぁ。
まぁ、幅も色合いもショップの商品説明どおりで、自分の勝手な見立て違いだから仕方ないけど。
てか、このリボン、2m単位の販売だったんで、残りの1.5m何に使ったらいいのか悩む・・・。

とにもかくにも、これで不思議の国のお菓子、完成と致します!

最後におねえさんは想像してみました。この自分の小さな妹が、いずれりっぱな女性に育つところを。そして大きくなってからも、子ども時代の素朴で愛しい心をわすれずにいるところを。そして、自分の小さな子どもたちをまわりにあつめ、数々の不思議なお話でその子たちの目を、いきいきとかがやかせるところを。そのお話には、ずっとむかしの不思議の国の夢だって入っているかもしれません。そして素朴なかなしみをわかちあい、素朴なよろこびをいつくしみ、自分の子ども時代を、そしてこのしあわせな夏の日々も、わすれずにいるところを。

不思議の国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
ルイス・キャロル 著 翻訳: 山形浩


にほんブログ村 ハンドメイドブログ フェルトへ
ポチしていただけたら嬉しいです!!

minne ぴかフェルトギャラリーへ

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

メールフォーム

道具・材料とか

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM